中国国際輸入博覧会、習近平主席が各国首脳と各パビリオンを見学

 

 

習近平国家主席は5日、上海で第1回中国国際輸入博覧会に出席した各国首脳と各パビリオンを見学した。新華社が伝えた。

習主席と各国首脳は昼頃、国家貿易投資総合展の展示ホールでハンガリー、エジプト、英国、チェコ、ケニア、エルサルバドル、ドミニカ、ラオス、グルジア、ベトナム、パキスタン、ロシアの展示エリアを見学し、各国の経済貿易発展の成果と特色と優位性ある製品について説明を受けた。

習主席は「各国の展示品は種類が豊富で、それぞれ特色がある。各国が中国国際輸入博覧会への参加を契機にビジネスチャンスを見つけ、協力を強化し、自らの競争力を高め、良質な製品の対中輸出を通じて、中国市場を豊かにし、日増しに高まる中国人消費者の多元的ニーズを満たし、互恵ウィンウィンを実現することを希望する」と述べた。

その後、習主席と各国首脳は中国パビリオンを見学。中国パビリオンは「イノベーション、協調、エコ、開放、共有」の発展理念を主軸に、改革開放の多大な成果を示し、「一帯一路」共同建設が世界各国の発展にもたらす新たなチャンスを示している。「革新的発展」コーナーで、各国首脳は中国発展の新たな状況に関するビデオを視聴。ラオスとベトナムの首相は高速鉄道「復興号」の操縦シミュレーションを体験し、時速350キロで走る高速鉄道がもたらす視覚と聴覚のインパクトを体験した。ロシアのメドベージェフ首相は「速い」としきりに賛嘆した。中国が独自開発したC919型飛行機に、各国首脳は興味津々だった。「釣合のとれた発展」コーナーでは、開通したばかりの港珠澳大橋の模型に視線が集まった。習主席は「大橋は完成直後に、強い台風の試練に耐えた」と説明した。「開放発展」コーナーで、各国首脳は国際定期貨物列車「中欧班列」の運行シミュレーションモデルを見学した。

各国首脳は主催国である中国の各国の出展への力強い支持に感謝。中国の発展の成果を称賛し、中国国際輸入博覧会の無事の成功を祈った。各国首脳は、中国による国際輸入博覧会の開催は中国の対外開放への包摂的姿勢と責任ある大国としての姿勢を十分に示したと指摘した。また、開幕式での習主席の基調演説に賛同。中国市場を非常に重視し、中国発展の展望を一致して有望視しており、中国側と協力の潜在力を掘り起こし、二国間貿易の成長を後押しし、世界の自由貿易の発展を促進したい考えを表明した。

「人民網日本語版」2018116

人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850