第2回中国国際輸入博覧会に2000年代生まれのボランティア登場

 

輸入博覧会のボランティア「小葉子」は6311

中国共産主義青年団上海市委員会がこのほど明かしたところによると、同委員会は今年、第2回中国国際輸入博覧会におけるボランティアサービス活動関連業務を着実に進める目的で、「小葉子」と呼ばれるボランティアを6311人募集した。そのうち第1回博覧会でボランティアを経験した人の割合が約20%を占めている。ボランティアは主に、上海市内の大学専門学校38校の在校生が中心となっている。人民日報が報じた。

今回の博覧会のボランティアは、「00後(2000年以降生まれ)」の大学生が主力となり、その割合は25.9%に上っている。博覧会ボランティアの業務は、「会場案内」、「来賓応待」、「宣伝補助」、「出展申込受付管理」、「空港送迎」、「取引関連データ統計」、「行政補助保障」、「医療緊急救援」の8種類に分かれている。

このほか、上海市は、重点業界窓口機関である空港、鉄道交通、重要ビジネスエリアなどに、300カ所を上回る都市ボランティアサービスステーションを設け、200あまりの都市ボランティアチームを組織、約5万人の都市ボランティアを配置した。

 

「人民網日本語版」2019117

人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850