草の根の力

   

岩瀬 正美

 今回の訪中で、私は北京、天津、南京、上海に行くことが出来ました。

 訪中前日の授賞式や、北京での劉先生のお話の中で特に印象的であったのは、民間の繋がりが日中友好を進める大きな力となる、ということです。

 各都市での現地学生との交流では、彼らがいかに日本語や文化に興味関心を持っているのを知ることができました。彼らはとても勉強熱心で、物事を考える視点がとても豊かであることがわかり、同じ学生としても私も負けずに努力していこうと思いました。また、各都市の観光ではその都市それぞれの歴史を学び建造物ができた背景やそれを保護している経緯を学ぶことができ、日本より遥かに長い歴史をもつ中国の偉大さを改めて感じることができました。また、歴史ある建造物が立ち並ぶ一方で煌びやかな高層建築が立ち並び、夜になっても光の消えない街を見ることもできたので、都市の発展の早さにも驚かされました。

 特に上海の発展には驚きを隠せませんでした。私は、七年前にも一度上海を訪れましたが、当時は友人達と「上海綺麗だね!大きな東京に来た感じする!」とはしゃいでいた記憶があります。しかし今回訪れた上海は、東京とは似ても似つかず、上海以上に景観も経済も発展した都市が世界に存在するのだろうか…と言葉を無くしてしまいました。100年はかかると言われる発展をわずか30年ほどで進めてきた上海、中国政府や企業の大きさを感じ、模型を見ながら解説を聞いている時に身震いしてしまったのが記憶に残っています。

 日中の発展、友好を進めるためには、やはり私達若者や草の根が繋がり、両国を行き来し、互いを知り合うことが大変重要な事なのではないでしょうか。この度の訪中経験は、実に有意義なものであり、一言ではとても語れない考え深いものとなりました。今後は自身の個性やこの経験をいかに活かしていくかについて向き合って行きたいと思っております。

 この度は本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

  


人民中国インターネット版



人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850