日中友好のカギを握る私たち   

  

新保 清美

 このような貴重な機会を与えてくださり大変にありがとうございました。人民中国者の皆様、日本科学協会代表の皆様、そして共に訪中をすることができた受賞者の皆さん、この7日間お世話になりました。

 この訪中を通して、日中友好のカギを握る第一人者が、私たち青年たちであることを自覚することができました。私は、留学中のルームメイトがきっかけで中国との関係に興味を持ち、一人一人を見つめることの大切さを学びました。一般的に「中国人」というイメージで判断するのではなくひとりひとりを見つめる必要があるのだと気づきました。しかし、そんな私も未だに中国への偏見を持っていたことを知りました。今回訪れた北京天津南京上海では異なった中国を体験しました。中国人と一概にはまとめられないぐらい一つの国で多様な文化が存在します。行くとこ行くとこで異なった雰囲気を感じました。街並みや、環境だけでなく、人の雰囲気もそれぞれでした。

 正直、反日の人がいるであろうと感じていた南京では他の都市よりも警戒している自分がいました。私たちを見る視線ですら冷たく感じていました。しかし私たちが訪問した地に生きる人々は、皆前向きに日中関係を捉えていました。日本と中国の長い歴史で文化の交流もあり、経済援助をしあい、反対に傷つけもしました。時間が経って解決されるようなことではないことも多いです。私はこの訪中で光を見ました。学生との交流を通して、個人という小さな単位でも、国という大きな単位の友好を築き上げることができると改めて確信しました。語学に力を入れて、日中友好の架け橋となれるように成長してまいります。今後相手を知るということをより大切に一人一人との友好を築き上げていきます。

   

  

人民中国インターネット版

   

  

   

  

人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850