中国の新疆問題での取り組みを「理解と肯定」=タイ元首相
米下院が「2019年ウイグル人権政策法案」を可決したことを受け、タイのアピシット元首相は記者のインタビューに対して、「いかなる国も、外部勢力が自国の宗教や人権問題にゆえなく干渉することを容認しないだろう。中国政府は新疆問題で払った大きな努力は良く理解できるし、それを肯定する」と述べました…
幸福度アップに向け 質の高い発展を加速中=新疆
新疆問題に客観的な姿勢を示す=カザフスタン大統領
新疆の歴史に関する幾つかの問題(八)
ウイグル族の祖先は最初に原始宗教とシャーマニズム を信仰したが、その後、ゾロアスター教、仏教、マニ教、 ネストリウス派キリスト教、イスラム教などを相次いで信仰した…
新疆の歴史に関する幾つかの問題(七)
中国は古くから多宗教の国であり、組織化、制度化さ れているいくつかの大きな宗教の他に、民間信仰が数多 く存在している。中国の土地で生まれ育った道教と民間信仰を除いて、他の宗教は皆外国から伝わってきたもの だ…
新疆の歴史に関する幾つかの問題(六)
中華民族は 5000 年余りの文明の発展の歴史を有し、 各民族は共に悠久の中国の歴史、光り輝く中華文化を創 造してきた。秦・漢の威風、盛唐の気概、康乾盛世はす べて各民族が共同で創造した輝きである…
新疆の歴史に関する幾つかの問題(五)
ウイグル族の祖先の主体は隋・唐の時代にモンゴル高 原で暮らしていた回紇人で、突厥 の抑圧と奴隷的扱いに抵抗するために、回紇は鉄勒の諸 集落の中の僕固、同羅などの集落と連携して回紇集落連 合を結成した…
新疆の歴史に関する幾つかの問題(四)
新疆地区は古くから中原地区と密接な関係を保ってい た。商の時代に、中原地区と西域は玉の取引を行っ ていた。漢代に張騫は「西域への道を開き」シルクロードを通じさせ、使者同士が道で出会い、商人が道 に絶えることがなくなった…
新疆の歴史に関する幾つかの問題(三)
突厥は 6 世紀の半ばにアルタイ(阿爾泰)山地区に興った遊牧民の集落であり、552 年に柔 然汗国を滅ぼし、突厥汗国を築いた。583 年、アルタイ山を境として、突 厥汗国は東西の二つの勢力に分かれた…
新疆の歴史に関する幾つかの問題(二)
統一された多民族国家の中国の形成は、経済と社会の 発展の歴史的必然である。歴史上、中華民族およびその 祖先を育んだ東アジア大陸には、農耕地区もあり遊牧地区などもあった…
新疆の歴史に関する幾つかの問題(一)
新疆ウイグル自治区は中国の北西部、ユーラシア 大陸の後背地にあり、 8 カ国と境を接しており、ここで古代の 中国と世界が結びつき、さまざまな文明が集まるところ になった…
More >
人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850