河南省鄭州発の「中欧班列」が運行開始から1000本目 

2018-01-02 14:40:56

 

90個の標準コンテナを積み込んだ河南省鄭州発の国際定期貨物列車「中欧班列」が25日、鄭州鉄路コンテナセンター駅からドイツ・ハンブルクに向けて出発した。この貨物列車は2013年に運行開始して以降、1000本目の列車となった。河南省鄭州市を出発する「中欧班列」は、シルクロード沿いを運行し、ユーラシア・ランドブリッジを通ってドイツに向かう。これにより、内陸部の河南省はヨーロッパにつながる重要な通路となっている。新華網が伝えた。(編集YK

 

「人民網日本語版」20171226

 

 

 

関連文章