中国の魅力が際立つ輸入博覧会

2019-10-09 15:28:58

 

2回中国国際輸入博覧会が115日に上海で開幕する。公式資料によると150余りの国と地域から企業3000社余りが今回の盛大な博覧会に参加する。展示面積は30万平方メートル以上に達し、数量は前回を上回り、初めて発表される新製品や新技術も前回より多い見込みだ。新華社が伝えた。

輸入をテーマとする国レベルで世界初の展覧会である輸入博覧会は当初から自らを「非凡」と位置付けてきた。各国企業のために非凡な新たなチャンスを創造し、中国国民の非凡な新たな消費需要を満たし、世界の自由貿易に非凡な発展の新たな原動力を注入する。多くの「非凡」の背後には、開放協力、互恵ウィンウィンの道を揺るぎなく歩み、実際の行動によって世界の発展を後押しする大国としての中国の魅力が際立つ。

輸入博覧会は各国企業に非凡な「ボーナス」をもたらす。昨年の第1回輸入博覧会の波に乗って、イタリア企業製の「ネットで人気の小型家電」は中国のIT企業と提携。購入者は海外通販の価格で国家税務局の正規の領収書も得られるようになった。バングラデシュのジュート製品は上海の高級デパートのショーウィンドーに陳列されるようになった。米ハワイ産の新鮮な果物は中国のネットで人気の喫茶店で取り扱われるようになった。今や多くの外国企業にとって、輸入博覧会への参加は中国市場進出の「グリーンチャンネル」となっている。

輸入博覧会は中国の民衆に非凡な便利さをもたらす。輸入博覧会で展示し、売り込んだおかげで、外国の良質な生産品、特色ある生産品多数が注目を集め、中国の消費者に届くスピードが速まっている。今や中国北西の県城(県都)でもニュージーランド産の牛乳を購入できる。国際的に有名なおもちゃブランドが中国の地方中核都市への進出を加速している。最新のガンマナイフ、世界最小のペースメーカーなど先端医療機器が中国で臨床使用され、販売承認を得るまでの期間も短縮されている。中国人の高まる実際の消費需要を満たすことは、輸入博覧会が非凡な魅力を持つ理由の一つだ。

輸入博覧会は世界貿易に非凡な原動力を注入する。現在、保護貿易主義が台頭し、自由貿易は数々の試練に直面している。こうした中、輸入博覧会は「互恵・ウィンウィンこそが正しい前進の方向である」との強いメッセージを世界に発すると同時に、実際の行動によって開放・協力の約束を実行する東洋の大国の姿を世界に見せている。これは世界の貿易環境を改善し、世界経済成長への自信を下支えするうえで重要な意義を持つ。

米国の経済学者、Khairy Tourk氏は「輸入博覧会は中国が世界貿易のアンバランスに対処する革新的方法であり、中国の輸入増加の努力は世界全体の需要増加に資する」と指摘する。メキシコ商工会議所連合会経済研究委員会のホセ・デラクルス委員長は「現在の国際貿易の新たな環境下、輸入博覧会は世界がより多くの、より深い経済・貿易関係を構築する助けとなり、世界の自由貿易の発展を後押しする中国の働きを示すものだ」と語る。日本のパナソニックグループは「輸入博覧会は外資系企業の中国市場進出、対中輸出の拡大に重要な役割を果した。中国とさらに多くの国々が連動的に発展することで、世界経済の成長はより均衡ある包摂的なものとなり、最終的にウィンウィンを形成する」と考える。

今年の輸入博覧会が数多くの参加者に非凡な体験ももたらすことを示す兆候が多くある。まず、「輸入博覧会発表」プラットフォームの初設置、高級消費財専門エリアの初設置、屋外自動運転体験エリアの初設置など多くの革新がある。また、次世代の建築廃材粉砕設備、最新の電動コンセプトカーなどの製品が輸入博覧会で世界または中国で初めて発表される見込みだ。黄浦江河畔の「輸入博覧会シーズン」は実に楽しみだ。

「人民網日本語版」2019109

関連文章