中日友好が青年の力を呼び起こす
「習主席の返信が来たんです」。電話越しに聞こえる中島さんの声から興奮が伝わってきた。「まさか返事が来るとは思いませんでした。本当にうれしいです」。このニュースが報道された6月26日の午後、筆者の微信は「習主席が日本の若者に返信を出す」というニュースで埋め尽くされた…
習近平主席が日本の青年に返信 中日各界で話題に
習主席のG20大阪サミット出席を前に、中島さんは習主席へのあいさつと祝意、中島さん自身の中日友好事業に携わりたいという願いをつづった手紙を習主席に送った。中島さんは習主席からの返信について語り出すと…
ST20190701368172804140.jpg  
全ての若者に届け! 習近平主席、日本の若者への願いをつづる
この返信はまさに習主席がまいた「友好の種」だ。感激などという単純な言葉では済まされないものが、中島さんの胸には去来しただろう。習主席からの手紙に何を思ったか、手紙を読み、両国青年の未来に託されたものについて何を感じたか。様々な思いについて語ってもらった…
U020190629586714603556.jpg  
習主席の返信を読んだPanda杯各受賞者の思い
民間レベルで日中友好の絆を紡いできたPanda杯が、習主席の返信によって国家間の外交に影響するかもしれない更なる可能性を自覚しました。今後も発展し続けるPanda杯に関わる一青年として、この言葉を念頭に置き、日中友好のために尽力していきたいです…
 
「習主席、ありがとう」——日本青年からの願いと祝福
日本へ来て下さりありがとうございます!!初めての中国は西安に1か月半の短期留学でした。おいしい料理、心温かい人々、今でも憶えています。中国と日本の若者の交流がより深まることを心から願っています...
ST20190701555098997854.jpg  
中島大地:中国のいまを理解したい
大学に入学した頃、私は三国志や水滸伝にぼんやりと興味を持っているだけでした。現実として存在する中国ではなく、物語の中の中国に惹かれていた、といえます。ほとんど、中国のことを知らず、中国人の友達もいませんでした...
 
中島大地:私が日中交流に関わる理由
私は、いま「freebird」という学生団体に所属して、日中学生の交流活動に関わっています。その学生団体では、月に一回、中国語教室や中国料理体験イベント、川越・横浜などの町を巡るイベントなどを開催して日中学生の交流を行っています...
U020190703314903274732.jpg U020190320604389422802.jpg U020190320603880927742.jpg U020190320603542599422.jpg U020190320603179341324.jpg U020190320602748290989.jpg U020190320602387067877.jpg U020190320601969714466.jpg U020190320601029380745.jpg U020190320600184668481.jpg U020190320599789552896.jpg U020190320599224828244.jpg U020190320598815065487.jpg U020190320598459409403.jpg U020190320598003608427.jpg U020190320597484608017.jpg U020190320597095739081.jpg U020190320596585470456.jpg U020190320596133370578.jpg U020190320595734741098.jpg U020190320595317110378.jpg U020190320594898820629.jpg U020190320594512746282.jpg U020190320593981959184.jpg U020190320593190490262.jpg U020190320592778407910.jpg U020190320592237043903.jpg U020190320591831715484.jpg U020190320591327065537.jpg U020190320590775561775.jpg
2018Panda杯全日本青年作文コンクール
2017Panda杯全日本青年作文コンクール
2016Panda杯全日本青年作文コンクール
2015Panda杯全日本青年作文コンクール
2014Panda杯 全日本青年作文コンクール
人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850