気候変動対策で重要な建設的役割を発揮し続ける中国

2019-11-29 14:43:55

 

「中国の気候変動対策の政策と行動2019年度報告」が27日に発表され、国務院新聞弁公室が記者発表会で説明を行った。今年で11年目となる年次報告書は、気候変動の緩和、気候変動への適応、計画策定と制度建設、基礎能力、社会全体の広範な参加、世界の気候変動対策への積極的参加、国際協力交流の強化、国連気候変動枠組条約第25回締約国会議での基本的立場と主張などをカバーし、2018年以降の中国の気候変動対策分野の政策行動と活動状況を全面的に反映し、中国の積極的な気候変動対策の成果及び最新の進展を示している。

年次報告書はこうした成果の具体的内容を全面的に反映し、大きく次の6つにまとめた。

▽気候変動緩和の取り組みを全面的に推し進めた。2018年に全国の炭素排出量は持続的減少を維持し、温室効果ガス排出量の急速な増加という局面をほぼ転換した。

▽気候変動適応の取り組みを段階的に実施した。農業、水資源、森林、海洋、人体の健康、防災減災などは、気候変動適応の面で積極的進展を得た。

▽気候変動対策の体制制度を整備し続けた。気候変動対策と生態環境保護の取り組みの統合的調整を強化し続け、国家気候変動対策及び省エネ排出削減事業指導グループの活動制度を整備し、指導グループが統一的に指導し、主管当局に管理を一本化し、各当局が連携し合い、各地方が全面的に参加するという気候変動対策の制度をほぼ形成した。

▽炭素市場の建設を持続的に推し進めた。24業界の炭素排出計算報告指針及び13の炭素排出量計算国家基準を相次ぎ発表。炭素市場の制度整備、インフラ整備、能力開発を着実に推し進めた。

▽世界の気候変動対策に積極的に参加した。多国間主義を堅持し、「共通だが差異ある責任」などの原則を堅持した。中国は世界の気候変動対策において重要な建設的役割を発揮し続けている。

▽気候変動に関する宣伝を強化し続けた。各当局地方は「全国低炭素デー」活動を積極的に実施し、内容豊富な宣伝活動を実施し、気候変動対策への社会全体の意識を高め続けた。

「人民網日本語版」20191128

関連文章