• 11月16日、「中国共産党第十九回全国代表会議(以下第十九回党大会と略称):中国の発展と世界的意義」国際シンクタンクシンポジウムが北京で開催された…
  • 「グローバル・ウェルス・レポート」2017年度版によると、2017年の過去12ヶ月で世界総資産額は6.4%上昇し、2012年以降最大の増加幅となった。そのうち、米国の世帯資産額は10.1%増で増加スピードは世界トップとなっており、中国は6.3%増で2位だった...
  •  中国国家統計局の劉愛華報道官は14日北京で、「今年10月、中国の経済運行は全体的に安定し、構造調整がさらに進められ、国民経済は引き続き上向きの成長を保持している」と明らかにしました...
  •  東南アジア諸国連合(ASEAN)は商業貿易や交通の要所に位置し、隣国を多数抱え、近年では対話を行うパートナーも増え続けている。互いの交流はますます緊密に行われ、協力も日ごとに深まっている...
  • 東芝はテレビ事業などを担う東芝映像ソリューション(TVS)を中国の家電大手・海信(ハイセンス)に譲渡することを14日に発表した。ハイセンスのTVS買収は中国の製造業が世界のミドルレンジ・ハイエンドブランドにおいて台頭している縮図にすぎない。
  • 王晨・全人代常務委員会副委員長は15日午後、日本の鳩山由紀夫元首相を団長とする日本友愛協会代表団と北京で会談し、「双方は国交回復時に堅持した信念を新たにし、両国関係の政治的基礎を守り、共通認識を凝集し、相互信頼を強化するべきだ」と述べた...
  • 日本の安倍晋三首相は14日にマニラで、中日関係を新たな段階に押し上げるべきだと表明した。安倍首相は現在、中日関係というと前向きな発言ばかりをする。この変化は、日本側の対中関係の新たな雰囲気を醸成している。
  • 11月11日のネット通販イベント「ダブル11」が終わり、今度はネット通販で購入された商品の配達が物流業界に試練として降りかかっている。
  • 家電大手の海信(ハイセンス)は14日、日本の大手電器メーカー・東芝のテレビ事業の株式の95%を買収することを明らかにした。
  • 今年の「ダブル11」(11月11日のネット通販イベント)では、天猫(Tmall)と淘宝(タオバオ)を合わせた取引額が1682億元(1元は約17.1円)に達し、京東商城の累計受注金額は1271億元を超えるなどして、相次いで記録が塗り替えられた...
  • 中国の李克強国務院総理は、11月14日にフィリピン国際コンベンションセンターで、第20回第ASEAN-中日韓(10+3)首脳会議に出席した。会議を前に、各国首脳達との記念撮影に臨む李克強総理。
  •  外務省の耿爽報道官は14日、北京で定例記者会見を行い、「習近平国家主席のベトナム、ラオス訪問期間中、中国は越老両国と『一帯一路』の建設について重要な合意に至った」と述べました...
  •  習近平国家主席は14日、ラオスの首都ビエンチャンの国家コンベンションセンターで、ラオス人民革命党のブンニャン・ウォーラチット中央書記長と、ラオスのトーンリン・スリット首相とそれぞれ会談しました...
  •  習近平中国共産党中央委員会総書記兼国家主席は14日、ラオスの首都ビエンチャンの宿泊先ホテルで、キニム・ポルセナ元ラオス外相の子孫らと会見しました。ポルセナファミリーの一部は、1960年代に北京で暮らしていた際に八一学校に在籍していたことから、習近平氏の同窓にあたります...
  • 中国の李克強総理は現地時間13日午後、マニラの宿泊のホテルで日本の安倍晋三首相と会見した。李克強総理は日本が歴史を鑑とし、未来に向かう精神に従い、中国と向き合って進み、両国関係が困難と挑戦〈試練〉に打ち勝って改善の動きを保ち、新たな発展を収めるよう促すことを希望すると強調...