ウルトラマンなど日本アニメ・漫画のヒーロー「魂」巡回展スタート 上海

2021-12-07 12:46:07

 

商業施設正面玄関前の広場に設置された高さ5メートルの巨大ウルトラマンの対戦オブジェ(写真著作権は東方ICが所有のため転載禁止)

 

上海市閔行区にあるショッピング施設「竜湖宝山天街」で124日、ウルトラマンを筆頭に、仮面ライダーや新世紀エヴァンゲリオンなど日本のアニメ漫画の人気キャラクターが大集合するヒーロー「魂」巡回展が上海を皮切りにスタートした。「ウルトラマン」特撮班の日本人メインキャストも、スクリーンを通じてリモートの祝賀メッセージを届け、会場に駆け付けたコスプレイヤーたちは、巨大スクリーンを通じて、ちょっとした「ミニ舞台劇」を披露してみせた。同イベントでは、中国で初となる、ウルトラマントリガーや仮面ライダーリバイ&バイスの等身大モデルの立像(S.H.Figuarts)が設置された。S.H.Figuartsとは、株式会社バンダイが2008年に設立した一連のアクションフィギュアブランドだ。また、会場には、「ウルトラマンティガ」特設ステージや「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」に登場する「ウルトラ100大怪獣」の戦闘シーンの特設ステージが設けられた。商業施設正面玄関前の広場に設けられた高さ5メートルの巨大ウルトラマンの対戦オブジェには、多くの観光客が記念撮影や自撮り目当てに詰めかけていた。

「人民網日本語版」2021126

関連文章