燃料電池自動車約600台を北京冬季五輪張家口ゾーンに導入

2021-12-08 13:44:53

 

 

河北省張家口市の街頭で126日、市民が燃料電池自動車(FCV)に乗っていた。「エコな冬季五輪」を理念に掲げる北京冬季五輪を後押しするため、五輪開催期間中、張家口ゾーンには、625台の燃料電池自動車が導入され、大会の交通運輸サービスを支える。現時点で、約400台のFCVバスが張家口市内で運行されている。

 

126日、河北省張家口駅で、駐車場に乗り入れるFCVバス(撮影・翟羽佳)

 

126日、河北省張家口水素エネルギー・再生可能エネルギー研究院で、新エネルギー車関連データをモニタリングする職員(撮影・翟羽佳)

 

126日、河北省張家口市で、車内を消毒するFCVバスの運転手(撮影・翟羽佳)

 

「人民網日本語版」2021127

関連文章