中国初の国産深水サブシーツリーが海底に設置

2022-05-13 15:58:53

  中国海洋石油集団有限公司(中国海油)によると、中国初の国産深水水中サブシーツリーが11日、海南省鴬歌海海域の海底に設置された。これは中国深水油ガス開発キーテクノロジー設備の研究・製造が重要な一歩を踏み出したことを示している。人民日報海外版が伝えた。

  サブシーツリーは水中油ガス生産システムの中核設備の一つだ。長期間にわたり、水中生産システムの設計・建造技術を確立しているのは5社しかなかったため、設備の調達にかかる時間が長く、割高でメンテナンスが困難になっていた。中国海油海南分公司の劉書傑チーフエンジニアによると、今回の水中生産システムの応用により、コストは従来より約27%低下している。中国国内の油ガス調査・開発の加速、エネルギー自給率の向上に対して重要な意義を持つ。

  同水中生産システムは「東方1−1」ガス田楽東プラットフォーム周辺のガス貯留層に用いられる。同システムを使用するガス井は、天然ガスを毎年約2億立方メートル生産できる。(編集YF)

「人民網日本語版」2022年5月13日

関連文章