BRICS人文交流フォーラムおよび合同製作ドキュメンタリー作品初上映式がブラジルで開催

2019-11-22 10:08:03

 

現場の様子 

 1113日・14日の第11回BRICS首脳会議の開催期間中に、BRICS人文交流フォーラムおよび初のBRICS合同製作ドキュメンタリー作品である『キッズ・アンド・グローリー』の世界初上映式がブラジルの首都ブラジリアで開催された。このイベントは、中国国務院新聞弁公室と中国外文局がブラジルとともに共同主催したものである。計200余名のゲストが参加し、「人文交流という絆を深め、BRICS協力の第三の支柱を固める」というテーマをめぐって、「ドキュメンタリー映像とBRICSの物語」「BRICS人文交流と民心の通い合い」「文明の交流・相互参照とBRICSパートナーシップ」という3つのサブテーマについての深い対話が行われた。

「BRICS人文交流と民心の通い合い」をテーマとする分科会   

  中国はBRICS各国の人文相互学習・相互参照の推進について、1.より多くの人文交流イベントを行って、消えたり褪せたりすることのないBRICS文明の美を世界に見せること、2.文明イノベーション成果を互いに参考にし合い、BRICS文明の智慧によって発展における問題を解決する、3.各分野において対話交流と実務協力を行い、BRICSを親密で助け合いの運命共同体にするという3つの提案を行った。

ブルーノ・アラウージョブラジル社会民主党党首

 ブラジル社会民主党のブルーノ・アラウージョ党首は、開幕のあいさつの中で、「習近平主席はBRICS人文交流の提唱者であり、中国のたゆまぬ努力により、BRICS人文交流協力は導かれ、豊富な成果を得ている。人文交流はBRICS協力の基礎であり、BRICSと世界各国人民に共通する心の声でもある」と語った。

 

『キッズ・アンド・グローリー』の世界初上映式

 フォーラム開始前に、BRICS五カ国の会議に参加する重要ゲストは、初めてのBRICS合同製作ドキュメンタリー作品である『キッズ・アンド・グローリー』の世界初上映式を実施した。この作品は、中国の陸川が総監督を務め、BRICS五カ国のサッカー(クリケット)少年が夢を追い求めるエピソードをテーマに、各国が52分の作品を1つずつ、BRICS五カ国の著名監督が2年の時をかけて、手を携えてつくり上げたものだ。(新華社=文、李萌=写真)

 

 

 

  

 

関連文章