第3回 韭菜墨魚仔(ニラと子スミイカの炒めもの)

2022-03-22 11:21:30

 

中国では柔らかく香り豊かな春ニラを海鮮と一緒にシンプルな炒めものにします。一番人気はエビですが、イカとの相性もバツグン。子スミイカの代わりにヒイカやスルメイカ、ヤリイカなどでも。 

  

  

つくる人 編集調整部 副部長 尹莉(青島出身) 

  

【材料】2人前 

ニラ 100g 

子スミイカ 250g 

料理酒 大さじ1 塩適量 

ニンニク 大1かけ 

ショウガ 1かけ 

  

つくり方 

  

子スミイカは薄皮とワタ、目を取って丁寧に洗う。 

  

ニラは洗って5cmくらいの長さに切る。ニンニクは薄切り、ショウガは千切りにする。 

  

湯を沸かしてイカをザルに入れたままゆで、3秒ですぐに取り出す。 

  

炒め鍋に油を熱し、ショウガとニンニクを炒めて香りが出たらイカとニラを加え、酒と塩で味付けし、手早くあおってすぐに火から下ろす。イカの加熱時間は10秒以内。それ以上炒めるとイカが固くなり食感が悪くなる。 

  

つくる人のつぶやき 

ニラと海鮮の炒めものは、青島人にとって欠かせない春のおかずです。ニラは消化が悪いので、入れ過ぎには注意。海鮮類は炒めた時に余計な水分が出ないよう、あらかじめ湯通しをしておきましょう。この料理はイカの柔らかさが命。大きなイカを使う時は、格子状に隠し包丁をしてください。 

  

 

関連文章