“洗澡蟹”式海归

2017-12-15 11:00:52
 
[「行水カニ」的留学生]


 大金を払って海外留学に行き、海外の大学の卒業証書があれば帰国後に良い会社に就職できると夢見て学業をおろそかにする留学生を指す言葉。「行水カニ」の語源は蘇州市陽澄湖の名物大閘蟹(上海ガニ)だ。本物の大閘蟹は陽澄湖で6カ月以上養殖したもので、こうすることでより深い味わいになる。しかし、一部のカニ業者は外地で仕入れたカニを陽澄湖に数日間、ひどいものでは数時間のみ放して、それで水揚げしたカニを陽澄湖の大閘蟹として、価格を高めて売る。このようなカニのことを「行水カニ」という。近年では、「行水カニ」的留学生も日増しに激しくなる中国の就職戦争において、海外の大学を卒業したというだけでは条件の良い就職先に入れないということに気付き、7割の帰国留学生が自分の希望とは大きくかけ離れた給料しかもらっていないという。
関連文章