五店市 繁華街に位置する下町

2018-07-11 14:19:14

 

繁華街に位置する五店市

晋江市は豊かな歴史文化資源を有する。古めかしい伝統的な建築物、南国の雰囲気が漂う洋館、ならびに現地の人々に愛されている南音(福建省で発展した古典音楽)、人形劇、高甲戯(福建地方の伝統劇の一種)などの文芸は現地特有の文化的シンボルとなっている。晋江市は経済を発展させ、都市建設を進めると同時に、歴史文化の保護と継承も重視している。その最も典型的な事例として、晋江市は、市内で最も地価が高い万達広場の近くにある、126ムー(1ムーは0.06)もの面積がある五店市という古い下町を保全していることが挙げられる。

明代以降の各時代の歴史的建築物を有する五店市は、晋江市の特色ある建築物の集合展示エリアとなっている。また、元宵節、端午節、中秋節などの伝統的な祝日に合わせて、五店市では灯籠祭りや月祭りなどの民俗文化活動が行われている。平日でも、町中では南音、人形劇、高甲戯などの無形文化遺産が披露されている。

都市化が進んでいる現在、五店市は既に民間伝統文化を伝承し展示する窓口となった。(文=王朝陽写真=チャイナネット/董寧)

 

人民中国インターネット版 2018年7月11日

 

関連文章