王岐山氏、ニューエコノミー・フォーラム開幕式で講演

2019-11-22 11:31:31

 

中国の王岐山国家副主席は21日、北京で開催された2019年ニューエコノミーフォーラムの開幕式に出席し、講演を行った。(北京=新華社記者/翟健嵐)

【新華社北京11月22日】中国の王岐山(おうきざん)国家副主席は21日、北京で開催された2019年ニューエコノミーフォーラムの開幕式に出席した。開幕式での講演の要旨は次の通り。

イノベーションは発展をけん引する第一の原動力であり、人類の文明史はまさに探求とイノベーションの歴史といえる。今では交流と往来が日増しに便利かつ密接となり、国際経済貿易は空前の繁栄を見せている。ただ一方で、人類は多くの共通の脅威に直面している。発展が不均衡で不十分であるという問題が突出しており、保護主義や一国主義、ポピュリズムが台頭し、経済のグローバル化の逆流が起こり、国際秩序は打撃を受けている。

中国はこれまで同様、平和的発展の道を歩み続ける。中国人民は世界の人々と共に人類運命共同体を構築し、グローバルな課題に手を携え対処していきたいと考える。平和的に発展し、繁栄で美しい世界を作るという歴史的責任を共に担っていきたい。

国連を中心とする国際システムを守り、より公正かつ合理的なグローバルガバナンス体系の整備に努めなければならない。平等かつ誠実で、互いに話し合い、相互尊重と相互信頼を深め、共通認識を凝縮し、自国のなすべき役割を果たすべきである。共同総合協力持続可能な新しい安全保障観を堅持し、協議により平和を図り、協力により平和を促し、発展により平和を求めていく必要がある。発展という基本に焦点を当て、イノベーション駆動と協同連携、公平寛容を堅持し、開放的でウィンウィンの協力モデルと、バランスと普遍的恩恵を伴う発展モデルを打ち立て、世界各国の人民が経済グローバル化の発展成果を享受できるようにしなければならない。

王岐山氏はフォーラムに出席した際、ポールソン元米財務長官ら来賓と会見した。

ニューエコノミーフォーラムは2018年に始まり、今年は外国政府高官や各国政府の元要人、内外の企業家ら600人以上が出席した。

関連文章